鳥取大学医学部 生体制御学 浦上研究室

ご挨拶

浦上研究室トップ > ご挨拶

平成13年4月1日より着任し、現在に至っております。主要な研究テーマは認知症および関連疾患の研究 で、早期診断のための検査法の開発から予防法まで幅広く行っております。

これまでの研究成果としては、認知症の早期発見のためのスクリーニング機器「もの忘れ相談プログラム」を開発し、特許の取得に成功しました。それを日本光電工業株式会社で製造販売していただき、臨床、介護の現場で幅広く役立っております。この機器を用いた認知症の早期発見と予防の取り組みを平成16年から鳥取県琴浦町で開始し、その取り組みが現在は鳥取県内全域、鳥取県外へと広がり「鳥取方式の認知症予防」と評価を頂いております。
認知症予防効果が期待できるアロマセラピーの成果は「たけしのみんなの家庭の医学」で紹介され一躍全国的に知られることとなりました。
学会活動では平成22年に日本認知症予防学会を立ち上げ、認知症予防に積極的に取り組んでおります。その中で作った制度である「認知症専門臨床検査技師制度」が発展し、日本臨床衛生検査技師会との共同で「認定認知症領域検査技制度」となり大きな展開となってきております。教育面でも、鳥取大学大学院医学系研究科保健学専攻の中に認定認知症領域検査技師コースを設置することができ、講義でも「認知症予防学特論」、「認知症予防学演習」という新たな講義科目が開設されました。

認知症は偏見が強い疾患であり、このため早期診断・早期治療が難しい状況が続いております。対策としては啓発活動が大切であり、医師向け、介護者向け、市民向けなど幅広く啓発活動にも取り組んでおります。テレビ番組の出演も啓発活動の一環として積極的にお引き受けしております。NHKでは、「NHKスペシャル」、「あさいち」、「ためしてガッテン」、「チョイス」、「NHKキャンペーン」、他に出演し、民放では「たけしのみんなの家庭の医学」、「主治医のみつかる診療所」、「駆け込みドクター」、「サタデープラス」、他多数の番組に出演しております。

認知症に興味のある人はぜひ我々の研究室へお越下さい。

浦上教授

鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座・環境保健学分野

教授 浦上 克哉