鳥取大学医学部 生体制御学 浦上研究室

業績紹介

浦上研究室トップ > 業績紹介

論文

学会発表・講演

論文

著書

  1. 浦上克哉. 浦上式認知症予防法. JAF MATE社(東京)2015.
  2. 浦上克哉. 認知症 予防と対処法. 主婦の友社(東京)2014
  3. 浦上克哉. アロマの香りが認知症を予防・改善する. 宝島社(東京)2014.
  4. 浦上克哉. 五感トレーニング. PHP研究所(東京)2014.
  5. 浦上克哉(編集). 内科医のための認知症診療はじめの一歩. 羊土社 2014.
  6. 浦上克哉. 認知症の新基礎知識. JAF MATE社(東京)2014.
  7. 浦上克哉. 新版 認知症よい対応 わるい対応. 日本評論社(東京)2014.
  8. 浦上克哉. 60代から始める認知症予防. JAF MATE社(東京)2013.
  9. 浦上克哉. これでわかる認知症診療~改訂第2版. 南江堂(東京)2012.
  10. 浦上克哉. 認知症は怖くない2 18の対策:予防とケアの徹底アドバイス. JAF MATE社(東京)2012.
  11. 浦上克哉. 認知症は怖くない 18のワケ. JAF MATE社(東京)2011.
  12. 浦上克哉. あなたのもの忘れ「いわゆるボケ」ですか「認知症」ですか? . 徳間書店(東京)2011.
  13. 浦上克哉. 認知症、よい対応、わるい対応. 日本評論社(東京)2010.
  14. 浦上克哉. 老年医学の基礎と臨床Ⅱ:認知症学のマネジメント. ワールドプランニング(東京)2009.
  15. 神保太樹, 浦上克哉(分担執筆). 「アロマセラピー」くすりに頼らない認知症治療Ⅱ・非薬物療法のすべて. 第4章85-100,ワールドプランニング(東京)2009.

【 英文原著 】

  1. Furukawa K, Tomita N, Uematsu D, Okahara K, Shimada H, Ikeda M, Matsui T, Kozaki K, Fujii M, Ogawa T, Umegaki H, Urakami K, Nomura H, Kobayashi N, Nakanishi A, Washimi Y, Yonezawa H, Takahashi S, Kubota M, Wakutani Y, Ito D, Sasaki T, Matsubara E, Une K, Ishiki A, Yahagi Y, Shoji M, Sato H, Terayama Y, Kuzuya M, Araki N, Kodama M, Yamaguchi T, Arai H. Randomized double-blind placebo- controlled multicenter trial of Yokukansan for neuropsychiatric symptoms in Alzheimer's disease. Geriatr Gerontol Int 2015; e-pub ahead of pront 2015; doi: 10.1111/ ggi.12696.
  2. Yoshita M, Arai H, Arai H, Arai T, Asada T, Fujishiro H, Hanyu H, Iizuka O, Iseki E, Kashihara K, Kosaka K, Maruno H, Mizukami K, Mizuno Y, Mori E, Nakajima K, Nakamura H, Nakano S, Nakashima K, Nishino Y, Orimo S, Samuraki M, Takahashi A, Taki J, Tokuda T, Urakami K, Utsumi K, Wada K, Washimi Y, Yamasaki J, Yamashina S, Yamada M. Diagnostic Accuracy of 123I-Meta-Iodobenzylguanidine Myocardial Scintigraphy in Dementia with Lewy Bodies: A Multicenter Study. PLoS One 2015; 10(3): e0120540.
  3. Ewers M, Mattsson N, Minthod L, Molinuevo JL, Antonell A, Poppg J, Jessen F, Herukka SK, Soininen H, Maetzlerj W, Leyhe T, Burger K, Taniguchi M, Urakami K, Listan S, Dubois B, Blennow K, Hampel H. CSF biomarkers for the differential diagnosis of Alzheimer's disease: A large-scale international multicenter study. Alzheimers Dement 2015; 11(11): 1306-1315.
  4. Kouzuki M, Asaina F, Taniguchi M, Musha T, Urakami K. The relationship between the diagnosis method of neuronal dysfunction (DIMENSION) and brain pathology in the early stages of Alzheimer's disease. Psychogeriatrics 2013; 13(2): 63-70.
  5. Ito Y, Urakami K. Evaluation of dementia-prevention classes for community-dwelling older adults with mild cognitive impairment. Psychogeriatrics 2012; 12(1): 3-10.
  6. Jimbo D, Inoue M, Taniguchi M, Urakami K. Specific feature of olfactory dysfunction with Alzheimer’s disease inspected by the Odor Stick ldentification Test. Psychogeriatrics 2011; 11(4): 196-204.
  7. Inoue M, Jimbo D, Taniguchi M, Urakami K. Touch Panel-type Dementia Assessment Scale: a new computer-based rating scale for Alzheimer’s disease. Psychogeriatrics 2011; 11(1): 28-33.
  8. Jimbo D, Kimura Y, Taniguchi M, Inoue M, Urakami K. Effect of aromatherapy on patients with Alzheimer’s disease. Psychogeriatrics 2009; 9(4): 173-179.
  9. Miyashita A, Arai H, Asada T, Imagawa M, Shoji M, Higuchi S, Urakami K, Toyabe S, Akazawa K, Kanazawa I, Ihara Y, Kuwano R. GAB2 is not associated with late-onset Alzheimer’s disease in Japanese. European J Human Gentics 2009; 17(5): 682-686.
  10. Takei N, Miyashita A, Tsukie T, Arai H, Asada T, Imagawa M, Shoji M, Higuchi S, Urakami K, Kimura H, Kakita A, Takahashi H, Tsuji S, Kanazawa I, Ihara Y, Odani S, Kuwano R. Genetic association study on in and around the APOE in late-onset Alzheimer disease in Japanese. Genomics 2009; 93(5): 441-448.
  11. Inoue M, Jinbo D, Nakamura Y, Taniguchi M, Urakami K. Development and evaluation of a computerized test battery for Alzheimer’s disease screening in community-based setting. Am J Alzheimers Dis Other Demen 2009; 24(2): 129-135.
  12. Taniguchi M, Okayama Y, Hashimoto Y, Kitaura M, Jimbo D, Wakutani Y, Wada-Isoe K, Nakashima K, Akatsu H, Furukawa K, Arai H, Urakami K. Sugar chains of cerebrospinal fluid transferrin as a new biological marker of Alzheimer's disease. Dement Geriatr Cogn Disord 2008; 26(2): 117-122.

【 和文原著 】

  1. 福田敏秀, 浦上克哉. 高齢者が在宅生活継続するための支援に関する検討~在宅高齢者と施設入居者の比較を通して~. 米子医学雑誌 2011; 62(1): 44-51.
  2. 福田敏秀, 浦上克哉. 要支援高齢者の在宅継続支援の要因に関する研究~タッチパネル式認知機能評価法(TDAS)の有用性~. 米子医学雑誌 2011; 61(6): 131-141.
  3. 中原淑恵, 足立典子, 片平志保, 阿部美沙子, 竹田伸也, 浦上克哉, 最上多美子. 女性認知症高齢者へのアロマを用いた化粧療法. 老年精神医学雑誌 2011; 22(7): 850-855.
  4. 神保太樹, 浦上克哉. 高度アルツハイマー病患者に対するアロマセラピーの有用性.  Journal of Japanese Society of Aromatherapy2008; 7(1): 43-48.
  5. 神保太樹, 浦上克哉. 香り提示による感覚刺激と認知症の治療効果. Aroma Research 2007; 8(2): 17-23.
  6. 木村有希, 綱分信二, 谷口美也子, 齋藤潤, 北浦美貴, 細田理恵子, 米原あき, 長谷川順子, 児山憲恵, 清水百合子, 森本靖子, 頼田孝男,小嶋良平, 浦上克哉. アルツハイマー病患者に対するアロマセラピーの有用性. Dementia Japan 2005; 19(1): 77-85.

【その他の論文や雑誌】

  1. 浦上克哉, 認知症の予防. 日本臨床 2016;74(3):395-398.
  2. 河月稔, 浦上克哉. 嗅覚低下と認知症. Current Therapy 2016; 34(3): 33-38.
  3. 河月稔, 浦上克哉. 匂いと認知症. MEDCHEM NEWS 2016; 26(2): 97-102.
  4. 浦上克哉. 性差を考慮すべき疾患・認知症. 日本臨床 2015; 72(4): 649-655.
  5. 木村成志, 三木知子, 山口潔, 高尾昌樹, 浦上克哉, 秋下雅弘, 横田修. アルツハイマー病診療のスキルアップを考える. 老年医学雑誌2015; 26: 7-26.
  6. 浦上克哉, 老年医学からみた透析医療―高齢透析患者の認知機能評価と対策―. 臨床透析2015; 31(10): 35-42.
  7. 浦上克哉,透析患者とその家族で取り組む合併症予防―認知症予防―. 臨床透析2015; 31(11): 23-28.
  8. 河月稔, 浦上克哉. 認定認知症領域検査技師制度 始まる. Medical Technology 2015; 43(6): 539-540.
  9. 浦上克哉.認定認知症領域検査技師に期待するもの. 検査と技術2015; 43(12): 1230-1231.
  10. 浦上克哉. 認知症予防とアロマセラピー. MEDICAL HERB 2015; 32: 6-9.
  11. 浦上克哉. 認知症の早期発見と予防の取り組み. 日本臨床2014; 72(4): 607-611.
  12. 浦上克哉. 認知症予防とは. 老年精神医学雑誌 2014; 25(12): 1315-1319.
  13. 浦上克哉. 認知症の診断 病型診断. 臨床と研究 2014; 91(7): 17-24.
  14. 浦上克哉. 認知症の病因仮説再考. Dementia Japan 2014; 28: 1-2.
  15. 浦上克哉. 認知症の診断と治療. 診断と治療 2014; 102(2): 193-205.
  16. 谷口美也子, 浦上克哉. CSFタウの臨床的有用性. 老年精神医学雑誌2014; 25: 64-68.
  17. 浦上克哉.プライマリ・ケア医の認知症診断に役立つ認知機能アセスメント.老年精神医学雑誌2013;24(7):650-653.
  18. 浦上克哉. 認知症医療における臨床検査技師の役割. Medical Technology 2013; 41(3): 252-255.
  19. 谷口美也子, 浦上克哉. アルツハイマー病の脳脊髄液および血液検査. からだの科学 2013; 278: 73-77.
  20. 浦上克哉. 認知症をきたす主要疾患-特徴的な臨床像と診断基準-“血管性認知症”. Medical Practice 2012; 29(5): 749-751.
  21. 浦上克哉. 認知症の非薬物療法・ケア. 日本医師会雑誌2012; 141(3): 565-567.
  22. 谷口美也子, 浦上克哉. 血液中トランスフェリンの糖鎖異常. 老年精神医学雑誌 2012; 23: 25-28.
  23. 谷口美也子, 浦上克哉. 髄液生化学的マーカーとpreclinical stageの診断. 老年精神医学雑誌 2012; 23(6): 680-685.
  24. 浦上克哉. アルツハイマー型認知症の検査.臨床精神医学2012; 41(12): 1675-1679.
  25. 谷口美也子, 浦上克哉. 脳脊髄液タウとリン酸化タウ. 日本臨床 2011; 69(8): 546-550.
  26. Urakami K. Diagnostic biomarker for early stage of Alzheimer’s disease:Current state and view in the future. Psychogeriatrics2010; 10(2): 49-52.
  27. 神保太樹, 浦上克哉. アロマセラピー. 老年神経医学雑誌 2008; 19(12): 1365-1372.
  28. Urakami K. Prevention of dementia. Psychogeriatrics 2007; 7(3): 93-97.
  29. 浦上克哉, 谷口美也子. アルツハイマー病の臨床診断 -バイオマーカー-. Medicine 2007; 66: 1078-1081.
  30. Urakami K. Mild cognitive impairment: Biological diagnostic markers for early stages of Alzheimer’s disease. Psychogeriatics 2006; 6: 26-29.
  31. 浦上克哉, 谷口美也子. アルツハイマー病早期診断に役立つ生物学的診断マーカー. Medical Practice 2006; 23(7):1167-1169.
  32. 浦上克哉. 痴呆症の治療意義と適切なケアについて -主治医意見書のポイントを含めて-. 癌と化学療法 2003; 30(suppl.Ⅰ): 49-53.

学会発表・講演

【 国際学会発表 】

  1. Kouzuki M, Nakamura S, Katsumata Y, Fujihara Y, Takamura A, Urakami K. Relationship between olfactory function and gustatory function and pathophysiology in Alzheimer’s disease. The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science, 2016, Kobe, Japan.
  2. Urakami K. Screening of cognitive impairment and diagnosis of dementia. Workshop 16, 12th World Congress of Biological Psychiatry 14-18 June 2015, Athens, Greece.
  3. Urakami K. Early detection and dementia prevention classes for community dwelling older adults with MCI.Debate session, 7th world congress of the international society for vascular behavioral and cognitive disorders 2015,Tokyo, Japan.
  4. Kouzuki M. The Role of Biomedical Laboratory Scientists in Dementia. The 7th Asia-Pacific Medical LaboratoryScience Forum 2015, Taiwan.
  5. Kouzuki M, Takamura A, Urakami K. A touch Panel-type computer based rating scale for Alzheimer’s disease ‒Screening test and evaluationmethod for treatment-. The 9th International Conference on Complex Medical Engineering 2015. Okayama, Japan.
  6. Urakami K. Recent advances of diagnostic biomarkers for early stage of Alzheimer’s disease. Special Lecture SPIE2013, 20-23 February, 2013, Korea.

【 国内学会発表 】

  1. アルツハイマー型認知症と大脳白質病変 -Diagnosis Method of Neuronal Dysfunction (DIMENSION)による評価-
    河月稔、浦上克哉
    学会名:第5回日本血管性認知障害研究会(VAS-COG) 2014年8月(京都)
  2. Diagnosis Method of Neuronal Dysfunction(DIMENSION)とアルツハイマー型認知症の脳病態との関連
    河月稔、高村歩美、乾楓、神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、朝稲富美子、浦上克哉
    学会名:第4回日本認知症予防学会学術集会 2014年9月(東京都)
  3. 軽度認知機能障害に対するアロマオイル「リ・ブレイン」の予防効果
    乾楓、神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、河月稔、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第4回日本認知症予防学会学術集会 2014年9月(東京都)
  4. アルツハイマー型認知症の脳脊髄液バイオマーカーと神経心理学検査の比較検討
    神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、乾楓、河月稔、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第4回日本認知症予防学会学術集会 2014年9月(東京都)
  5. アルツハイマー型認知症の早期診断のための脳脊髄液バイオマーカーの経時的検討
    長野真弥、乾楓、神庭友里恵、鈴木哲也、河月稔、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第4回日本認知症予防学会学術集会 2014年9月(東京都)
  6. アルツハイマー型認知症診断における脳脊髄液中のリン酸化タウ蛋白とアミロイドβ蛋白の測定意義
    鈴木哲也、乾楓、神庭友里恵、長野真弥、河月稔、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第4回日本認知症予防学会学術集会 2014年9月(東京都)
  7. Aβオリゴマー定量分析によるアルツハイマー型認知症早期診断バイオマーカーの開発
    高村歩美、神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、河月稔、浦上克哉、松原悦朗
    学会名:第6回日本脳血管・認知症学会(VAS-COG) 2015年9月(東京都)
  8. アルツハイマー型認知症に対してDiagnosis Method of Neuronal Dysfunction(DIMENSION)を用いた経時的評価の検討
    河月稔、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第6回日本脳血管・認知症学会(VAS-COG) 2015年9月(東京)
  9. Diagnosis Method of Neuronal Dysfunction(DIMENSION)を用いたアルツハイマー型認知症の脳機能の経時的評価
    河月稔、高村歩美、神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、三ツ星紀子、勝俣雄登、中村将太、藤原祐樹、朝稲富美子、浦上克哉
    学会名:第5回日本認知症予防学会学術集会 2015年9月(神戸市)
  10. アルツハイマー型認知症における嗅覚障害及び味覚障害についての検討
    鈴木哲也、河月稔、長野真弥、神庭友里恵、三ツ星紀子、勝俣雄登、中村将太、藤原祐樹、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第5回日本認知症予防学会学術集会 2015年9月(神戸市)
  11. 超音波診断装置を用いたアルツハイマー型認知症の脳血流評価
    長野真弥、河月稔、鈴木哲也、神庭友里恵、三ツ星紀子、勝俣雄登、中村将太、藤原祐樹、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第5回日本認知症予防学会学術集会 2015年9月(神戸市)
  12. アルツハイマー型認知症における脳脊髄液バイオマーカーと神経心理学的検査の経時的変化の検討
    中村将太、河月稔、神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、三ツ星紀子、勝俣雄登、藤原祐樹、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第5回日本認知症予防学会学術集会 2015年9月(神戸市)
  13. アルツハイマー型認知症診断における脳脊髄液中のリン酸化タウ蛋白とアミロイドβ蛋白の測定の重要性
    勝俣雄登、河月稔、神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、三ツ星紀子、中村将太、藤原祐樹、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第5回日本認知症予防学会学術集会 2015年9月(神戸市)
  14. Aβオリゴマー定量分析によるアルツハイマー型認知症早期診断バイオマーカーの開発
    神庭友里恵、高村歩美、鈴木哲也、長野真弥、河月稔、浦上克哉、松原悦朗
    学会名:第5回日本認知症予防学会学術集会 2015年9月(神戸市)
  15. アロマセラピーの認知機能改善および予防効果の検討
    藤原祐樹、河月稔、神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、三ツ星紀子、勝俣雄登、中村将太、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第5回日本認知症予防学会学術集会 2015年9月(神戸市)
  16. Aβオリゴマー定量分析によるアルツハイマー型認知症診断バイオマーカーの開発
    高村歩美、神庭友里恵、鈴木哲也、長野真弥、河月稔、浦上克哉、松原悦朗
    学会名:第34回日本認知症学会 2015年10月(青森市)
  17. アルツハイマー型認知症と健常高齢者における嗅覚機能及び味覚機能の比較検討
    鈴木哲也、河月稔、長野真弥、勝俣雄登、中村将太、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第48回中国支部医学検査学会 2015年11月(米子市)
  18. アルツハイマー型認知症における超音波診断装置を用いた血行動態の評価
    長野真弥、河月稔、鈴木哲也、勝俣雄登、中村将太、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第48回中国支部医学検査学会 2015年11月(米子市)
  19. 経時的なアルツハイマー型認知症の脳脊髄液バイオマーカーの評価
    中村将太、河月稔、鈴木哲也、長野真弥、勝俣雄登、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第48回中国支部医学検査学会 2015年11月(米子市)
  20. アルツハイマー型認知症における脳脊髄液中のバイオマーカー測定の重要性
    勝俣雄登、河月稔、鈴木哲也、長野真弥、中村将太、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第48回中国支部医学検査学会 2015年11月(米子市)
  21. 機械学習版Neuronal Activity Topography(NAT-ML)とアルツハイマー型認知症の病態との関連性
    河月稔、高村歩美、朝稲富美子、佐藤隆広、福島大志、浦上克哉
    学会名:第6回日本認知症予防学会学術集会 2016年9月(仙台市)
  22. アルツハイマー型認知症の嗅覚機能および味覚機能と病態との比較検討
    河月稔、中村将太、勝俣雄登、藤原祐樹、市川隼也、白鷺大輝、堀江悠希、三ツ星紀子、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第6回日本認知症予防学会学術集会 2016年9月(仙台市)
  23. アルツハイマー型認知症における脳波と脳脊髄液中のバイオマーカーの関係性
    勝俣雄登、河月稔、中村将太、藤原祐樹、三ツ星紀子、市川隼也、白鷺大輝、堀江悠希、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第6回日本認知症予防学会学術集会 2016年9月(仙台市)
  24. アルツハイマー型認知症における動脈硬化と認知機能の関連についての検討
    中村将太、河月稔、勝俣雄登、藤原祐樹、市川隼也、白鷺大輝、堀江悠希、三ツ星紀子、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第6回日本認知症予防学会学術集会 2016年9月(仙台市)
  25. 睡眠の質と認知機能との関連性
    藤原祐樹、河月稔、勝俣雄登、中村将太、市川隼也、白鷺大輝、堀江悠希、三ツ星紀子、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第6回日本認知症予防学会学術集会 2016年9月(仙台市)
  26. 軽度認知障害患者へのアロマセラピーの実施が認知機能に与える効果の検討
    市川隼也、河月稔、勝俣雄登、中村将太、藤原祐樹、白鷺大輝、堀江悠希、三ツ星紀子、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第6回日本認知症予防学会学術集会 2016年9月(仙台市)
  27. 軽度認知障害患者における脳脊髄液中のバイオマーカーの測定の重要性
    白鷺大輝、河月稔、勝俣雄登、中村将太、藤原祐樹、市川隼也、堀江悠希、三ツ星紀子、高村歩美、浦上克哉
    学会名:第6回日本認知症予防学会学術集会 2016年9月(仙台市)

【 研究会発表 】

  1. 認知症予防のための楽しい予防プログラムの開発
    谷口美也子、清水寿夫、高下士良、浦上克哉
    研究会名:第26回山陰認知症ケア研究会 2014年11月(米子市)
  2. アルツハイマー型認知症の嗅覚障害についての検討
    河月稔、鈴木哲也、神庭友里恵、長野真弥、勝俣雄登、中村将太、藤原祐樹、高村歩美、浦上克哉
    研究会名:第27回山陰認知症ケア研究会 2015年7月(米子市)

【 その他の講演等 】

  1. 認知症の理解と早期発見・予防の大切さ
    浦上克哉
    講演会名:旭北認知症予防教室事前説明会 2016年7月(倉吉市)
  2. 認知症を理解するために
    浦上克哉
    講演会名:愛媛県臨床検査技師会主催 市民公開講座「認知症を知る」 2016年7月(宇和島市)
  3. 認知症予防最前線―発症予防から進行防止まで―
    浦上克哉
    講演会名:三次市認知症予防講演会 2016年7月(三次市)
  4. 認知症への正しい理解と効果的な予防
    浦上克哉
    講演会名:北栄町認知症予防講演会 2016年6月(大栄農村)
  5. 認知症を知ろう!予防できる!?
    浦上克哉
    講演会名:コープさっぽろ組合・学んで広げる組合員のつどい 2016年5月(札幌市)
  6. 認知症の最新情報―発症予防から進行防止まで―
    浦上克哉
    講演会名:松戸市認知症予防講演会 2016年5月(松戸市)
  7. ご本人視点の認知症治療に向けて―併用療法の重要性―
    浦上克哉
    講演会名:認知症カンファレンスin高知 2016年4月(高知市)
  8. 認知症予防のできるまちづくりをめざして
    浦上克哉
    講演会名:姫路市地域包括支援センター連絡会研修 2016年4月(姫路市)
  9. 一般臨床医に期待される認知症の早期診断と治療
    浦上克哉
    講演会名:なんば認知症医療連携セミナー 2016年4月(難波)
  10. 認知症の最新情報―早期予防から進行防止までー
    浦上克哉
    講演会名:八頭町認知症講演会 2016年3月(鳥取県八頭町)
  11. 認知症の正しい理解と効果的な予防
    浦上克哉
    講演会名:ウェルネスパートナー主催認知症予防講演会 2016年3月(浜松市)
  12. 認知症の人 本人視点に立った治療とは?
    浦上克哉
    講演会名:認知症カンファレンス 2015年7月(苫小牧市)
  13. 認知症予防へのアプローチ ―睡眠の重要性も含めて―
    浦上克哉
    講演会名:第28回認知症を語る会 2015年7月(名古屋)
  14. 認知症への正しい理解と予防―若年性認知症対策も含めて―
    浦上克哉
    講演会名:認知症予防講演会 2015年7月(日吉津村)
  15. 認知症予防への挑戦
    浦上克哉
    講演会名:早良区認知症講演会 2015年7月(早良市)
  16. 認知症は怖くない
    浦上克哉
    講演会名:上井地区住民福祉大会 2015年1月(倉吉市)
  17. 認知症の正しい理解と予防~地域での予防活動とアロマセラピー~
    浦上克哉
    講演会名:第13回もの忘れフォーラム 2015年3月(倉敷市)
  18. 今できる認知症予防
    浦上克哉
    講演会名:認知症予防フォーラム2014年4月(高知市)
  19. 今こそ認知症を考えよう
    浦上克哉
    講演会名:まるがめ認知症フォーラム2014年5月(丸亀市)
  20. 認知症への正しい理解と対応法
    浦上克哉
    講演会名:第2回中山間地域連携フォーラム花の里inせら 2014年6月(広島県世羅町)
  21. 認知症の最新情報
    浦上克哉
    講演会名:多可町社会福祉協議会家族介護教室事業 2014年9月(兵庫県多可町)
  22. 認知症予防への挑戦
    浦上克哉
    講演会名:認知症の人と家族の会廿日市市大野地区30周年記念講演会2014年9月(廿日市市)
  23. 認知症の早期発見と予防、地域で取り組む認知症対策
    浦上克哉
    講演会名:臼杵市認知症市民フォーラム2014年10月(臼杵市)
  24. 認知症の正しい理解と効果的な予防法
    浦上克哉
    講演会名:茨木市市民活動応援フェスタ2014年11月(茨木市)
  25. 認知症予防~発症予防から進行予防まで~
    浦上克哉
    講演会名:第9回いわき認知症セミナー 2013年2月(いわき市)
  26. 認知症の早期発見から予防に向けて~タッチパネル式セルフチェックを体験しよう~
    浦上克哉
    講演会名:四国中央市講演会 2013年3月(四国中央市)
  27. 認知症予防と治療の最前線
    浦上克哉
    講演会名:市町村健康づくり推進員等研修会 2013年6月(鳥取市)
  28. 認知症の最新情報~治療から予防に向けて~
    浦上克哉
    講演会名:認知症予防講演会in与論島 2013年7月(与論島)
  29. 認知症予防の最新情報
    浦上克哉
    講演会名:第65回市民医学講座・認知症予防講演会 2013年8月(横手市)
  30. あなたのもの忘れ、『いわゆるボケ』ですか『認知症』ですか?
    浦上克哉
    講演会名:つなげるやさしさ市民公開講座2012年5月(山梨県)
  31. 認知症予防のできるまちづくりを目指して
    浦上克哉
    講演会名:第3回認知症サミット鳥取・市民フォーラム2012年9月(鳥取市)
  32. 認知症予防~発症予防から病気の進行予防まで~
    浦上克哉
    講演会名:練馬区健康長寿はつらつフェスティバル 2012年11月(東京都)
  33. 認知症への正しい理解と予防戦略
    浦上克哉
    講演会名:認知症講座in徳之島 2012年11月(鹿児島県)
  34. 認知症の早期発見と予防
    浦上克哉
    講演会名:臼杵市認知症市民フォーラム 2012年11月(臼杵市)